よくある質問

現在の
収容件数

16

Q 期限日が書いてありますが、その後はどうなるのですか?

A 期限満了後、譲渡適性があると判断した動物は適正な飼育のできる新しい飼い主にお譲りしていますが、 その他の動物については殺処分になります。

Q ○○番の犬または猫の飼い主になりたいのですが、どうしたらよいですか?

A 掲載している動物を個別のご要望に応じて直接お譲りするということはしていません。 センターに収容されたけれど飼い主が現れなかった動物については、 譲渡適性を判断した後、適正な飼育ができる新しい飼い主へお譲りしています。 このような動物の飼い主になることを希望していただける方は、 犬猫等の譲渡事業をご確認下さい。

Q ○○番は、私の犬または猫なのですが、どうすれば返してもらえますか?

A 返還手続きが必要です。お手数ですが、管理支所へ直接お電話でお問い合わせ下さい。

Q センターに行って、直接犬または猫を確認できますか?

A 確認された後、ご自身の飼い犬または飼い猫に間違いが無くても、必要な書類等が準備できていない場合はお返しできません。 まずは、電話で管理支所へお問い合わせをしていただき、必要な手続きについて確認をして下さい。

Q どうして写真が載っていない動物がいるのですか?

A 怪我等の状態によっては写真撮影が動物にとって負担になる場合があるので、写真を掲載できないことがあります。

Q ここに載っている動物以外に情報はありませんか?

A 当センターには、個人の方が保護している動物の情報もありますので、 こちらについては、23区内にお住まいの方は本所へ、多摩地区にお住まいの方は多摩支所へ、必ずお電話でお問い合わせ下さい。

Q 一覧表にある猫その他の動物とはなんですか?

A 東京都条例に基づき保護収容する負傷動物の種類は、犬、ねこ、いえうさぎ、にわとり、あひるの5種類です。
犬猫以外のいえうさぎ、にわとり、あひるは収容頭数が少ないためその他として表示していますので、詳細ページで確認してください。

このデータベースでは東京都動物愛護相談センターで収容した犬・猫等の情報を検索できます。 迷い犬・迷い猫等を探している飼い主のための情報提供です。 新しい飼い主を探すためではありません。 「 この犬を飼いたい 」等の譲渡希望はお受けしていません。 譲渡を希望される場合は、犬・猫等の譲渡事業をご覧下さい。

犬猫等の譲渡事業のページへのリンク

返還には事前に手続きが必要です。必ず収容されている管理支所まで電話でご確認ください

利用規約・免責事項等

島しょで収容された動物の情報については、島しょ保健所各出張所・支所に直接お問合せください。
大島  三宅  八丈  小笠原

このホームページに関する
お問い合わせ先
東京都動物愛護相談センター
〒156-0056 東京都世田谷区
八幡山二丁目9番地11号
電話 03-3302-3507
FAX 03-3329-2647